2007年04月18日

イメトレで恋愛上手になる

恋愛は人生に潤いを持たせてくれる大切なサプリメントです。
やがてそれは自分自身を潤すだけではなく、新しい子孫を増やすという生命体としてのあるべき姿にも直結してゆきます。

生まれた命に対し、また新しい愛情が生まれ「愛情の連鎖反応」を創造します。

言ってみれば「恋愛」は生きること、そのものなのです。
"恋愛"を「できたらいいなあ~」というものから、「人生を砂漠化させないためにすべきもの」という位置付けとして、お勧めしたいと思います。

恋愛下手の特徴

「恋愛下手」を分析してみると大きく下記のように別れます。

●自分の中に恋愛感情がまったく生まれないタイプ

数年に1度しか「いいなあ」と思うタイプの人が現れない人。
なかなか惚れにくいという自覚があります。

しかし、それは自分が魅力を感じる人が集まりにくい環境で毎日をすごしているからではないでしょうか?

この状況を打破するには、どんどんいろんな世界に顔を出してみて、どの世界が一番自分にとって魅力的な人が集まるかを選択すると良いでしょう。

まだ今の段階では「どういう世界が一番自分に合うか?」の選択肢すらない状態だと思います。

●恋愛感情が生まれても気持ちを表現できないタイプ

このタイプは最も多いパターンです。
「なかなか告白できずに相手から言ってくるのを待っている」ことが多く、いつも積極的な人に、もってゆかれてしまい、悔しい思いをしています。

告白というものが「特別な行為」であるという錯覚をしています。
告白をすることをノルマにしてゆくのも1つの方法です。

●恋愛感情が裏目にでてしまい相手に不自然な態度をとってしまうタイプ

好きな人につらくあたってしまい、後で後悔することは誰でもあります。

また、カチンコンチンに緊張してしまい、ぎこちないコミュニケーションしかできず、「他の人みたいに自然に接することができたらなあ」といつも悩んでいます。

これを解決するには、自分が今どうしてそういう状態になっているのかを、相手に伝えると楽になります。
その不利な状況を告白することで、一気に相手の懐に「自然」に飛び込むことができます。

●恋愛感情が芽生えたときに踏み込みすぎてストーカーっぽくなってしまうタイプ

いつも「重い」といわれたり、「ストーカー」みたいな行為をして振られてしまうタイプの人です。

愛情の注ぎ方、注がれ方が感覚的にわからない特徴があります。
育った環境によってこのような性格がつくられるとも言われています。
自分が好きになれる恋愛以外の時間をつくり、さらに異性の友人もたくさんつくることでこの症状はなくなります。

恋愛ベタを認めることからはじめよう

まずは、「自分が恋愛ベタでもいいじゃないか!」と開き直ることから始めることが大切です。
恋愛ベタは大抵、自分のどこかに「コンプレックス」をもっていて、異性からのニーズが過去の経験から低いことを知っています。
そこで必要なのが「確固たる自分の軸足づくり」です。

自分が夢中になれる何かを見つけ、その道で自分を磨き、アイデンティティを確立しましょう。
そして同性、異性問わず、信頼と人気を得ることで「人間力」を作り上げるのです。

その上に、異性としての魅力を積み上げることは、比較的簡単です。
それは本人が専門分野で「自己実現」していて、成功体験を積んでいるからです。

なりきり作戦で、告白上手に

「自分のセルフイメージが邪魔して、うまく愛情表現ができない」という人には「なりきり作戦」をおすすめします。
ドラマや映画の主人公になったつもりで、自分の気持ちを表現してみましょう。

スポーツ選手が大会でよい記録を出すために、必ず行っているのが「イメージトレーニング」です。
「うまくいったとき」をイメージして、成功したその本人になりきっています。

恋愛も同じ、アスリート達が活用している「なりきりイメージ」という正攻法を是非応用してみましょう

背中を押し合う友人関係を

お互い「告白ができない」「愛情表現がうまくいかない」という友人同士で同盟を結ぶという方式もあります。

どちらかが躊躇している時に「ほら!がんばれよ!」とか「告白するなら今すぐだよ」などと背中を押し合う関係の友人をつくります。

実際にこのような方法で、告白の一歩を踏み出すことができ、見事結婚までこぎつけた女性は大勢います。

いかがでしたか?「自分に限界」を設けることが、「恋愛無縁状態」に自ら近づくことにつながります。
恋愛はゆるやかにでも「攻め」続けることが大切です。
恋も自分の力で切り開いてゆく大事な人生の仕事です。
是非「攻めの恋愛」で人生をまるごと楽しんでください!!
  


Posted by 恋愛マスター at 19:41Comments(2)

2007年04月18日

女を綺麗にする男の選び方

女の美を育てる男性。そうでない男性。

周囲の男性を観察していて、ある共通のことに気がつきました。
世の中には2つのタイプの男性が存在するということです。
1つは「交際する女性を綺麗にする男性」です。
もうひとつはその逆「交際する女性を色あせさせてしまう男性」です。
この違いは何なのでしょうか?今回はその理由に迫ります。

「いいことあったって顔に書いてある!」とCMのワンシーンにもあるように、恋が叶った女性の表情は柔らかくほぐれ、「笑顔」の余韻が24時間刻まれた「素顔」に変身します。
それまで気難しかった性格が突然朗らかになり、怒りにくくなることもあります。
会話はポジティヴになり、とたんに人の輪ができるなんてこともよくありますね。

しかしその後、右上がりに美しさと潤い度を増してゆく女性。
そして途中でなぜか「雲がかかってゆく女性」がいます。
その違いは何なのでしょうか?
「女を綺麗にするオトコ」の特徴について紹介させていただきます。

「女を綺麗にするオトコ」の特徴

以下のような男性を選ぶことで、女性は美を右上がりに育てることができます!

●昼型の男性。
深夜遅くまで深酒、グルメを楽しみ、休日は昼まで寝ているような男性と交際すると、お肌が荒れたり、肥満になったりします。たまの夜更かしなら仕方ないですが、休日、朝からアクティヴな男性がオススメです。

●あまり束縛しない男性。時々1人にさせてくれる男性。
「年がら年中ベッタリ!いつも一緒じゃなきゃイヤ!」という男性と交際すると、その女性が本来持っていた感性や、クリエイティビティ、話題の豊富さがどんどんしぼんでしまいます。
豊富な人脈からの刺激によって形成されていた魅力が削られてしまいます。程よく自由にしてくれる男性を選びましょう。

●不安を与えない男性。
まずもって「私って本命なの?セカンドなのか?」という不安を女性に感じさせない男性。
いつも愛されている安心感を与える男性です。

●わがままを何でも許さない男性。
尻に敷かれて、わがままを許しすぎる男性はNG。最初は居心地が良くても、それに慣れすぎると女性の顔はどこか意地悪になります。
皆で遊んでいるときに少しでも思い通りにならないことがあると豹変したり、彼に泣きついたりするのはよくないパターン。
大人として「通る筋と通らない筋」をはっきりさせる彼氏をあえて選ぶと心のバランス感を失わずに綺麗でいられます。

●ファッションを楽しんでいる男性。 
彼がファッションに無頓着だと女性側も「その程度でいいんだ」と彼の程度にあわせてしまうようになります。
一緒に「美」を楽しむことができる男性を選ぶようにしましょう。

●友人のうちから褒め上手な男性。
友人の段階から褒め上手な男性は、交際してからも自然に褒めてくれるパターンが多いものです。
褒められれば誰でもますます美しくなります。

●性格が明るい男性。 
この逆に性格が陰気で、何を言っても後ろ向き、ぶっきらぼう、すぐ怒る、冗談が通じない、または性格が暗い男性はNG。
女性に楽しいと感じさせてくれる頻度が多くありません。
本来なら感じなくて良い不快感や退屈感に耐えなければいけないこともあります。
楽しくなければ表情は曇ります。

●話を聞いてくれる男性
女性の話をきちんと聞いて、しっかりと考えて答えてくれる男性です。
聞いているふりをしていて、実は右から左の男性や、言うことなすこと否定する男性と交際すると女性はストレスを感じ、表情が曇ります。

●みんなでワイワイ楽しめる男性。
いつも2人っきり、外の世界との接触を持たない男性はNG。
みんなでワイワイ楽しめないカップルの表情は、しだいに活気がなくなってゆきます。
2人の狭い世界で完結しない男性を選びましょう。

さていかがでしたか?
ファーストインプレッション、条件、相性、価値観などのほかに余裕があったら是非チェックをしてみてください。

女性が右上がりに綺麗になってゆく。
これはすなわち、相手の男性に魅力を永続的に放射し、末永く愛されることにつながります。
  


Posted by 恋愛マスター at 19:37Comments(3)

2007年04月18日

彼の魅力を引き出す魔法の一言

恋する男の勘違いな求愛パフォーマンス

女性の気をひこうとする男性の行動。
それは女性から見て、ときに「滑稽」で、ときに「ぎこちない」ものです。

なぜか、男性は女性を前にすると「男なりの勝手な解釈」で、「これが男の魅力だ!」と「大げさ」なパフォーマンスをします。
でもそれらのうち大半は、女性からすれば「そんなにこだわってくれなくて結構です」といいたくなるようなものばかり。

女性はカラ回る男性を前に「ああ、もっと違う魅力を見せてほしいのに」とだんだん”じれったさ”を感じはじめます。

ここで大切なことがあります。
それは「男性は自分がカラ回っていることなどまったく気づいていない」ということです。
そればかりか「まだ自己アピールが足らないのかな?う~ん。手ごわい!」などと、ますます「勘違いな方向」にむけての努力を強化しようとします。

男性が勘違いな「努力」や「自己アピール」を続け、しかもカラ回っている姿を指をくわえて眺めていてはいけません。
彼が、正しいアピールをしてくれるようにナビゲートしてあげましょう。

「貴男の魅力はそれだけじゃないと思う」の一言

以下のようなポイントを強化することだけが、オンナ心を掴むと思っている男がたくさん存在します。
悪気はなくどれも「あなたの気をひくため」に無理してアピールしているものばかりです。

もし彼が以下のパフォーマンスを無理してやっているなあと感じたら、今すぐ、彼をその呪縛から解放してあげましょう。
ひとこと「そうねえ。それはあなたの魅力のひとつだけど、貴男の魅力はそれだけじゃないと思う。私にとってあなたの魅力は別のところにあるかな」と言って上げてください。

● 上から下まで高級ブランドのお洒落服。

● 俺はこんなにすごい肩書きをもっているんだよ。

● ボクは強いんだよ。なんかあったら君を守るよ。

● ボクは正しいことを正しく主張する人間だ。

● 男は知性が大切。解説はボクにまかせてね。

● やっぱ男は笑いでしょ。死ぬまで笑わせてあげるから!

● エスコートは男の役目!ドアも開けます。コートも着せます。

● お金をつかってなんぼです!それが誠意です。財布は開かせないよ。

● ボクはこの店でこんなに顔が聞くんだよ。オイ!店員!

● 仕事ができる男こそ魅力的!

● 男はハードボイルドが似合う。笑わない難しい顔が一番。

貴男の魅力はそれだけじゃないと思うの一言は、彼を苦痛から解放し、同時に貴女の心も満たしてくれるでしょう。

そして彼は、人間本来のやさしさと”ゆらぎ”を持った男性に生まれ変わるはずです。
「あんな、努力、必要なかったんだ!」そうやって笑いあえる2人になるためにも、貴女自身が彼を導いてあげてみてはいかがでしょうか?

彼のためでもあり、貴女自身のためになる一言を是非活用してみてください。
  


Posted by 恋愛マスター at 19:33Comments(0)

2007年04月11日

自分大好き、「俺様」の口説き方

オレ様男は意外と(?)モテる

恋人に尽くすことに喜びを感じ、頼もしい男性に愛されることで幸せを実感する女性は多いもの。
男性に守られたいという意識が強く、「女は三歩さがって」という古風なスタイルに憧れる女性の目に男気あふれる男性は魅力的に映ります。

ただ、最近は「黙ってオレについてこい」とようなタイプの男性の存在そのものが激減して、競争率はかなり高め。
ライバルは当然多いと考えていいでしょう。
また、男性の恋愛観そのものも昔と変わってきています。
彼が男らしい性格だとしても、黙ってついてこられたうえ一方的に甘えられたりしたら、それを負担に感じるかもしれません。
自尊心を傷つけられるのがイヤで、自分から積極的にアピールしないことも考えられます。

女らしく楚々と構えているだけでは、恋が進展しないかもしれません。
そこで、今回はイマドキの「オレ様男」に対して、上手にアピールする方法を考えてみます。

イマドキの「オレ様男「の定義とは

ここで定義するオレ様男は

1、プライドが高い

2、自己主張ハッキリ。自己顕示欲が強い

3、ファッションやインテリアなどにこだわりがあり、オレ流を貫く

4、仲間と一緒にいるときは、つねにリーダーシップを発揮

5、窓ガラスに自分の姿が映ると自然にポーズをとるなど、自己陶酔しやすい

6、「男は…」「女は…」と性別の違いを意識する発言が多い

7、機嫌がいいときと悪いときの差が激しい

8、年齢や立場など気にせず、いきなり説教モードに入ることがある

9、独占欲が強く、嫉妬深い

10、頼られるとその気になりやすい

大人になっても“やんちゃ”でナルシスト。
オレ様な彼は、母性本能をくすぐるタイプであるともいえます。

オレ様男を口説くために知っておきたい「恋愛の傾向と対策」

自己顕示欲が強いオレ様な彼は、とにかく負けず嫌いで自分のことが大好き。
話題の中心にいるのが当たり前、もし彼の前で他の男性をほめたりしたら、とたんに不機嫌になってしまうことがあります。
プライドが高く、傷つきやすい彼。
つき合いが浅いうちはとくに、彼の趣味を否定したり、干渉したりするのは避けたほうがいいでしょう。

20代前半のオレ様な彼へのアプローチ法

彼が早く目標を達成したい、人に注目されたいと必死になっている20代前半だとしたら、華やかな女性に目がいくはず。
恋人と一緒に歩くだけで周囲の人の視線を集められるようなシチュエーションが彼の理想です。

彼の前では流行を意識したファッションを心がけ、メイクにも手を抜かず、そのうえで彼よりも目立ちすぎない絶妙なバランスをキープ。
ゴージャスなデートで女性を喜ばせることに、自分自身も喜びを感じる彼です。
ごちそうしてくれた後には、必ず感謝の気持ちを具体的に示すようにしましょう。
彼の長所を思いつくまま、ストレートに口にしてもいいかも。

20代後半から30代のオレ様な彼へのアプローチ法

彼が20代後半から30代だとしたら、ほめたりおだてたりして持ち上げるだけでなく、彼の努力する姿や内面を評価することをおすすめします。
カリスマ性を発揮するため、自分の理想とする姿に近づくために必死で頑張っている彼を応援する存在であることをアピールしましょう。

向上心があり、野心を抱いている彼には、彼にハッキリと分かる形で協力するという方法も有効です。
仕事、プライベートで「私の存在はお得です」とあくまでも控えめに主張してみては?(高飛車な態度は禁物です)

オレ様な彼との上手なつき合い方

仲間意識の強い彼の前で、彼の友人や家族のことを批判したり、目立ちたがり屋の彼がおしゃれしたときに、気合いの入っていないファッションで登場するのは避けたほうがいいでしょう。
また、一番気をつけなければいけないのは、人前で恥をかかせること。
彼の自尊心を傷つけてはいけません。

自分の信じた道をまっすぐに歩んでいこうとする彼をどれだけ理解してあげられるか、尊重することができるか。
エネルギッシュな彼に愛されたいと思うならば、自分にも強い意志とバランス感覚が必要ではないでしょうか。  


Posted by 恋愛マスター at 19:37Comments(2)